妊娠 確率

妊娠 確率

PM2.5対応マスクのランキング | 効果があるのはどれ!?

 

高くて買えない、
解決する方法。

 

PM2.5対応のマスクって高いですよね。
性能がハイレベルになる程、価格も上昇してしまいます。

 

かといって、
値段が高ければ、毎日装着することなんてとても無理。

 

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

激安購入が不可能ならば、長持ちさせればイイ。
毎日交換するから、ランニングコストがかさみます。
2〜3日使用してから換えるようにすれば、維持費も格安になります。

 

 

「使い回すと、汚れちゃう…」

 

マスクを二重に装着すれば、衛生面&コスト面の両方が解決します!

  • 口や鼻に直接当たる内側は、安価なマスク。
  • 外側は、高価なPM2.5対応マスク。

 

外側に重ねたPM2.5対応マスクは、あまり劣化しないで済みます。
内側の安物マスクだけ、毎日交換すればお財布にも優しいと思います。

 

 

 

PM2.5対応の、
売れてるマスク!

ドクターマスク

ドクターマスク

PM2.5がニュースで繰り返し伝えられています。人体に及ぼす影響の脅威を知るにつけ、その防衛策の重要性が浸透してきていますね。身近な所では、マスクと空気清浄器の使用です。

 

2.5μ(ミクロン)以下の微粒子を通してしまう通常のマスクではPM2.5の防御にはなりませんから、サブミクロン(1mmの1000分の1)微粒子の防御対応のフィルターを使用したドクターマスクという外科医療用のマスクが、注目されています。

 

ドクターマスクには口の辺りにブリッジキーパーがついているので会話にも支障がなく、呼吸も楽。しかも口紅がついてしまう心配がありません。マスク装着はメガネ使用の人にとって、自分の息で曇ってしまう憂鬱さがありますが、ドクターマスクはマスクの上部にアンチフォグフィルムが付いているので、鼻の脇からあがる吐息の蒸気を遮断しくれます。一日付けていてもストレスにならないマスクが、ドクターマスクというわけです。

 

 

アレルキャッチャーマスク

アレルキャッチャーマスク

PM2.5や黄砂、花粉などが大気を浮遊するこの時期、アレルキャッチャーマスクが評判になっているのは、アッレルキャッチャーマスクが基本サージカルマスクで、病院の外科手術時に使用される高性能なマスクだからです。

 

PM2.5は2.5μm(ミクロン)以下の微粒子なので、通常のマスクではPM2.5の粒子をブロックしきれないのですが、アレルキャッチャーマスクは、0.1μmの粒子をカットしてしまうフィルターを使用しているので、現在の大気汚染浮遊物質をブロックするのに最適というわけです。2重重ねのマスク使用という独自の防衛策もありましたが、アレルキャッチャーマスクは一枚で十分です。

 

それに、マスクに付いてしまう匂い、口臭やタバコ臭などが、残らない構造になっていますし、ノーズフィットワイヤーは鼻の形状にそってフィットして隙間ができないので、快適な装着感があります。

 

 

ヘレウスデンタルマスク

ヘレウスデンタルマスク

PM2.5がニュースになってから、大気汚染防御対策としてのマスクの重要性が言われて、マスクの種類に注意がむけられようになっています。その理由は、PM2.5が2.5μm(ミクロン)以下の超微細の粒子のため、吸い込めば肺の奥深くに入ってしまいガンを引き起こすと言われているからなんです。

 

従来のマスクではこの超微細粒子を遮断できずに、通してしまうのでフィルターとしては役不足。そこで、注目されてきたのが医療筋で使用されているマスクなんです。

 

ヘレウスデンタルマスクは、歯科医院で使われている機能の高いマスクで、形状の特徴としては、耳かけ紐用のフックがついています。ヘレウスデンタルマスクに使用されているフィルターは、0.1μmの粒子をろ過する機能を持っているので、PM2.5対策としてはピッタリというわけです。

 

このマスクの肌触りは柔らかさを評価する声はかなり多く、鼻の形に沿って隙間なく装着できるフィット感や、マスクが口に触れない設計は、話しやすく口紅がつくこともありません。